インプラントのご案内

インプラント治療は失われた歯を補う最高の治療法です。
但し、インプラント治療に至ってしまった原因を解決しないままインプラント治療を行うべきではないと、当院では考えております。

多くのケースが歯を失うと共に、咬合も破壊されてしまっております。
全体的な咬み合わせを無視し、インプラント治療を行ってしまうと、インプラントは長期的に機能しません。

インプラント治療の最大の目的は「しっかりと噛むこと」です。
インプラント治療は、咬合治療の一つの選択肢なのです。

インプラントのご案内

インプラント施術医の紹介

ドクターからのメッセージ

 橋村 吾郎 インプラント医長

卒後1年半で開業して以来、表参道をはじめ関東地区を中心に最先端のインプラント治療を行ってきました。新人の頃から決して妥協せず、自信を持って治療をしたいという思いで、最先端の知識と技術を学び続けています。インプラント治療で大切なのは、知識と技術に基づくトータルの対応力。私は基本的に、インプラント治療は診査診断からオペ、最終補綴治療まで一貫して行っております。それは時間のかかる作業でありますが、治療技術の向上につながり、患者様の満足につながると考えております。

また、どんなに注意深くオペを行っていても、不幸にもディスインテグレーション(インプラント体と骨が結合しない)は起こる可能性があります。そのようなトラブルに、どのように対応するか。いわゆるリカバリーを適切に行えるかという事も、常に意識しながら診療を行っております。
患者様のご期待を裏切ることのないように技術を磨き、安全面への取り組みを徹底的に行う所存です。日々進化するインプラントの治療技術、その最先端を身近に感じていただければ幸いです。

経歴
2000年 神奈川歯科大学卒業
2009年 オーキッド歯科クリニック開業
所属学会
日本口腔インプラント学会
日本審美歯科学会
日本歯周病学会
DC21
ICOI(国際インプラント学会)

石井 幸子

経歴
平成16年3月 日本大学歯学部卒業
平成16年4月 神奈川県内歯科医院勤務
平成21年11月 オーキッド歯科クリニック
現在に至る

インプラント治療完了までの流れ

インプラント治療を始めるうえでの診断から手術にいたるまでの流れは、概ね次のように実施します。

STEP01 治療に関するヒアリングと説明

まずはじめに患者様の現在の口腔内の問題点や悩み、不安などをヒアリングさせて頂きます。
ヒアリングをした内容をもとに、インプラント治療によってそれらがどのように解決できるのかを写真などを用いて説明致します。

その際に口腔内の状況や、その他の全身疾患の有無によってはインプラント治療の前に他の治療をお勧めすることもありますので予めご了承ください。


STEP02 精密検査(CTによる3次元口腔内シミュレーション)

インプラントを埋め込む為に、顎の骨の量や質、形を診査することが必要となります。
その際にインプラントの埋入位置を精査する「ステント」を作成したり、レントゲン撮影をさせて頂きます。

患者さまの顎の骨の状態によっては、CT撮影が必要になる場合もあります。


STEP03 治療に関する説明

精密検査の結果を基にして担当医が今後の治療計画を患者様と一緒に立てさせて頂きます。

その際に精密検査によって得られた資料を提示しながら治療詳細をご説明致します。


STEP04 手術前の処置

手術前に虫歯・歯周病がある場合や口腔内の衛生状態が悪い場合は、インプラント手術の前に治療やクリーニング、ブラッシング指導などを行ったり、歯周病治療を先行して行います。

また、治療をせずに手術を行ってしまうと、インプラントを埋入したあとに「インプラント周囲炎」などを引き起こしてしまう可能性があります。


STEP05 1次手術(インプラント埋入)

1次手術ではインプラントを顎の骨に埋入する手術を行います。
まず、麻酔をしてから骨を削り、インプラントを埋め込んで粘膜を閉じます。
(1回法の場合は、キャップは粘膜で覆いません)

その際には麻酔を使用するため、痛みはありません。
手術後、骨とインプラントが結合するまでに上顎は4~6ヶ月、下顎は2~4ヶ月必要になります。
虫歯の治療や歯のクリーニングは、この期間を利用して行います。


STEP06 2次手術(インプラントの頭出し)

2次手術ではまず、歯肉によって閉じられているインプラント上面のキャップを露出させ、骨との結合を確認致します。

その際には麻酔を使用しますので、歯肉を大きく開くこともないため、腫れや痛みはあまりありません。
※1回法でインプラント埋入1次手術を行った場合、2次手術は必要ありません。


STEP07 仮歯装着

二次手術終了後、歯ぐきの安定を確認しインプラントの上の土台(アバットメント)と仮歯を入れる為の型どりをします。

まずは仮歯を作成して装着していただきます。
また、その間に人工歯(本歯)の作成に向けて仮歯の使用感や噛み合わせなどを確認します。


STEP08 印象採得(型採り)

印象採得では、歯肉の治癒と安定を確認してから、人工歯(本歯)を作製するために型採りを致します。

2次手術から、おおよそ2~3週の期間をおいて実施します。


STEP09 人口歯(本歯)装着

人工歯の装着時には仮歯の使用によって得たデータをもとに本歯用の型を採り、歯並びや色などを考慮して本歯を作成致します。

インプラントの土台であるアバットメントを立て、作成した本歯を装着し、インプラント治療完了となります。


STEP10 メンテナンス

人工歯の装着が完了した後は、歯肉や他の歯の状態は少しずつ変化していくため、口腔内の状態に応じて1~6ヶ月に1度の間隔で定期検診とメンテナンスを行います。

インプラントを長期的に機能させる為に定期的なメンテナンスは必要不可欠です。

インプラント成功のための大切な3つのポイント

01 カウンセリングと診査診断

インプラントの診査診断に必要なCT撮影、カウンセリングは全て無料です

インプラント治療をお考えの方、お悩みの方は無料カウンセリングをご予約ください。担当医が相談を承り、患者さまの症状をしっかりと把握します。セカンドオピニオンとしてもこちらのカウンセリングをご活用いただけます。

神経の位置や骨の状態を「歯科用CT」で確認。一般的なレントゲンでは確認できない部分まで3次元画像で確認し、より精密な診査を行います。

当院でインプラント治療をお考えの方の無料CT撮影後、専用のプランニングソフトを用いて、無料で3Dのインプラント埋入計画を行います。

02 ODCの技術・実績

技術力を向上させ続けるための取り組み

ODCでは、各医院にインプラント施術医が常駐し、日頃より国内外の研修会や各種学会に出席しインプラント技術の向上に努め、最新の技術・知識を習得して治療にあたっております。

また、クリニック全体のミーティングを定期的に行い様々な症例の検討、情報共有を積極的に行いながら日々の インプラント治療の向上に努めています。

ODC全体研修
ノーベル研修室

ノーベルバイオケアセミナー講演
日本各地で 理事長 橋村吾郎

Nobel Biocare Symposium 2014
東京 理事長 橋村吾郎

講演会実績

2011年10月
長野・新潟「デジタルによる診査診断からファイナルレストレーションまでのアプローチ」
2013年12月
茨城・群馬「Nobel Guide®コンセプト成功のポイント」
2014年3月
栃木「Nobel Guide®コンセプト成功のポイント」
2014年6月
神奈川「Nobel Guide®コンセプト成功のポイント」
2014年9月
名古屋「Nobel Guide®コンセプト成功のポイント」
2014年9月
東京「Nobel Biocare Symposium 2014-Tokyo プレゼンテーション」
2015年8月
東京「Nobel Biocare Forum 2015-East&West プレゼンテーション」
2016年7月
神奈川「NobelGuide ガイディッドサージェリー All-on-4 ライブオペコース」
2016年11月
東京「Guided Surgery チームアプローチによる治療」
2016年12月
新潟「Digital Denistry 新潟特別講演」

インプラント治療とチーム医療

インプラント治療は、一般の歯科治療とは異なり麻酔科医・歯科衛生士・歯科技工士・デンタルスタッフとの連携がとても重要となります。

ODCでは、専門的な知識が豊富で技術力が高い歯科医師、患者様の精神的な負担を軽減し安心して手術を受けていただく為の麻酔科専門医、高い知識と豊富な経験によりスムーズな手術の為のサポートをする歯科衛生士、最高レベルの細かい技術を要し患者様にあった技工物を作製する歯科技工士、それぞれの分野のプロフェッショナルがチームを組み、 患者様に最適なインプラント治療を提供すると共に、安心してインプラント治療に望んでいただけるようサポートしてまいります。

歯科医院の総合力・チーム力が発揮されると共に、各患者様の症例に応じてインプラント治療に関係する領域の専門家が共に診査・診断を行い、症例に対する共通意識をもった上で最終的に各分野を統合させ最高のインプラント治療のゴールへ導くことが出来るのも、当医院のチーム医療の強みです。

技工士とのタッグ

インプラント治療において、歯科技工士の技術はそのゴールを左右するといっても過言ではないくらい重要な役割を果たします。
インプラントを埋入した後、その被せ物を実際に作製し、見た目や噛み合わせなどの役割を担うのが歯科技工士。

ODCではインプラント補綴で有名な、ノーベルバイオケア社公認インストラクター 志田和浩氏により、最高レベルのインプラント補綴を提供している。見た目の色や形の細部に至るまで、直接立ち会い、患者様が望む美しいインプラント補綴を提供し、沢山の喜びの声を頂いています。

03 インプラントは治療次第で、20年、30年と長期に機能します。

患者様からのご質問の多くは、インプラント治療はどれくらいもつかという事です。
ODCでは患者様のQOLを重視し、10年20年先を見据えたインプラント治療を心がけております。
インプラント治療は総合治療です。インプラント治療において、歯周病治療、咬合治療などをしっかりと行うことは最も大切です。
その為、術前の歯周病治療や咬合治療、術後のメンテナンスの重要性をご理解いただけない患者様にはインプラント治療をお勧めしない場合もあります。

その為、術前の歯周病治療や咬合治療、術後のメンテナンスの重要性をご理解いただけない患者様にはインプラント治療を選択しない場合もあります。

歯周病治療

インプラントもご自分の歯と同じように、その周辺で歯周病が進行します。また、インプラント手術前に、進行している歯周病の治療をきちんと行い、残っている歯の歯周 病治療と並行して口腔内の細菌コントロールがきちんと出来た段階でインプラント手術をすることが望ましく、そのタイミングが非常に重要となります。

ODCでは、インプラント手術後の口腔内環境を維持するために定期的なメンテナンスを行うとともに、バクテリアセラピーなどの手法を導入。歯周病治療の品質向上を日々追求しています。


サリバテスト検査キット

サリバテストについて

インプラントは人工物ですが、きちんとしたメンテナンスを行わないと、ご自身の歯と同じように歯周病が進行します。また、インプラントの手術を行う前に歯周病治療を行い、口腔内の環境を整える必要があります。根本的なところから徹底した歯周病予防を行うためには、患者様一人ひとりの口の中の状態を把握した上で、予防を行わなければなりません。そのために、当院では「サリバテスト」を導入しています。

サリバテストとは、口の中の状況を把握するために行う唾液検査のこと。唾液を採取するだけですので痛みなどはありません。サリバテストを行うことで歯周病や虫歯のリスクを細菌レベルで検査し、患者様のリスクに合った予防プログラムを作成します。唾液の量や質、口の中の細菌の種類や量など、様々な要素を把握することで、より口腔内状況に合った治療が可能になります。


プロデンティス

バクテリアセラピーについて

バクテリアセラピーはヨーロッパで誕生した予防医学で、すぐれた善玉菌を摂取することによって、体の中にいる菌のバランスを整える細菌療法のこと。世界63ヶ国と地域の医療機関に導入されています。摂取するのは、ヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌であるL.ロイテリ菌。もともとヒトの体の中にいる善玉菌ですから、副作用の心配はありません。

ヒト免疫システムの調整を行いながら、様々な疾患の予防・治療に働きかけます。続けて摂取することにより、虫歯菌や歯周病菌の減少、口臭の軽減などが期待でき、当院でも歯周病予防プログラムの一環としてバクテリアセラピーを取り入れています。

咬合治療


咬合器でマウントする

咬合器でマウントする

咬合治療はインプラント治療に限らず、歯科治療の中でも最も重要でありながら、なかなか治療が出来る歯科医師が少ないのが現実です。インプラントを長持ちさせる為には、顎関節および咬合筋と調和する補綴物を提供する事が大切です。又、インプラント治療を受ける患者様の多くが、何らかの咬み合わせの問題を抱えております。

その原因をしっかり見極め、根本から治療を行う事がインプラント治療において最も重要です。中心位と呼ばれる、顎関節の位置で咬み合わせを構築する為に、咬合器と呼ばれる顎の動きを再現する装置を用い、正確な治療を行います。

メンテナンス

インプラントを長期的に維持するためには、メンテナンスが欠かせません。また院内での定期メンテナンスに加え、ご自宅でのメンテナンスも重要となります。

当院では患者様への丁寧なメンテナンス施術とご説明を心がけ、ご自宅でも質の高いメンテナンスが出来るよう、患者様の口腔内に合わせた指導を実施。長期的にインプラントをご使用いただけるようサポートします。

インプラントという治療法

外科主導から補綴主導へ

これまでインプラント治療は歯ぐきを大きく切開し、骨のあるところにインプラントを埋入するいわゆる外科主導型の治療でした。現在のインプラント治療における考え方は、最終的な歯の位置や形をまず初めに決め、それに対して最適なインプラントを3次元的に決定し埋入する補綴主導型に変更いたしました。

補綴主導型のいわゆるトップダウントリートメントを成功させるには、最初に行う診査診断と、専用のプランニングソフトによるインプラントの埋入計画が必要不可欠となります。


WAX UP


プランニング


ガイドオペ

インプラント治療は失われた歯を補う最高の治療法ですが、何故インプラント治療に至ってしまったのかを常に考えなければ、長期的に機能するインプラント治療を行うことは出来ません。多くのケースにおいて、歯を失うと共に、咬合も破壊されてしまっています。 全体的な咬み合わせを無視し、インプラント治療を行えばせっかく入れたインプラントもすぐにダメになってしまいます。

その様な場合は最終的な歯並びと咬み合わせを想定した、WAX UPという作業が必要となります。このWAX UPは、中心位と呼ばれる、顎の関節の位置や噛み合わせの筋肉を考慮した下顎の位置で咬合器上にマウントされた状態で行います。

WAX UPを作製後、残っている歯の咬み合わせも治療する必要があると診断された場合には、補綴治療(被せる治療)が必要となります。インプラント治療の最大の 目的は「しっかりと噛むこと」です。インプラント治療は、咬合治療の一つの選択肢なのです。

WAX UP模型を作製することで、最終的な歯並びと噛み合わせを想定し、トータル的な治療を進める。

ノーベルクリニシャンによるオペプランニングを行うことで、無切開手術、手術当日に仮歯を入れることが可能となる。

ODCグループ3つの安心

01 安心のインプラント保障制度

インプラント治療後、上部構造セットから5年間通常使用のうちに、不都合もしくは破損が生じた場合は、修理もしくはお取り換え治療を無料で行います。

※当院が指定するメンテナンスに定期的に来院していただくことが前提となりますので、ご了承ください。

万が一インプラント体の脱落が起こった場合は、再埋入治療もしくは、代替治療を無料で行います。

インプラント治療において最も多いトラブルが上部構造の破損です。ガイドデントでは、上部構造にも10年の保障が適用されます。

インプラント治療後に何らかの理由で当医院に通院が不可能になってしまった場合や院内保障期間を過ぎてからの万が一に備えて、第三者機関の保障制度により患者様のインプラントは10年間の保障が適用されます。当医院のインプラント治療は、Guide Dentより10年保障の認定を受けています。

Guide Dent認定会員とは、治療年数、治療件数、治療実績、所属学会など90以上に及ぶ審査項目によって、一定水準以上のインプラント治療を遂行する能力を有することを保証期間から実証された歯科医療機関のことをいい、この審査をクリアした歯科医院を「Guide Dent認定医院」として、インプラント10年保証書が交付されます。

02 眠ったまま治療が終わる麻酔認定医による安心の静脈内鎮痛法

点滴による麻酔法です。薬の量を調節することにより、軽く受け答えができる状態から完全に眠った状態まで麻酔の深さをコントロールすることができます。

当クリニックでは生体情報モニター医療用酸素を導入しております。手術中の患者様のお体を精密にチェックし、より安全性を高めることに取り組んでいます。

麻酔には健忘効果があり、麻酔から覚めたときにはほとんどの方が治療中のことを覚えていないので、「とっても楽だった。」と喜ばれています。

麻酔科担当の森元です。 静脈内鎮静法は歯科治療に対する恐怖や精神的な緊張を感じる方、高血圧などの内科的な持病をお持ちの方の不安を和らげ、リラックスした状態で治療を受けられる治療法です。 全身麻酔ではない為、意識が完全になくなるのではなく、寝ぼけているようなボーッとした状態になる為、簡単な受け答えが可能です。 OPE中は患者様の全身状態をモニターで観察しながら安全に行っていきますので、インプラントや抜歯などで静脈内鎮静法をご希望される方はどうぞお気軽にご相談ください。

平成12年 神奈川歯科大学卒
日本歯科大学付属病院 臨床研修医課程修了
神奈川歯科大学付属病院 非常勤講師

03 安心の無料相談

インプラント治療を行う医院が増加するのにつれ、インプラント治療のトラブルも増加しております。多くは医師の技術や経験の不足、説明の不足、患者様とのコミュニケーション不足が原因です。そのようなトラブルの相談を多くいただきました。

当院では、無料カウンセリングにて、患者様としっかりお話し、納得するまで説明させていただきます。患者様に納得していただいた上で治療を開始させていただいております。

インプラント治療はしっかりした治療を行えば確実に噛む機能を 取り戻すことができる唯一の方法です。当院では他のクリニックで難しいと施術を断れた方なども受け入れが可能です圧倒的な技術と実績でお悩みを解決致します。

明確な料金形態のご提示

カウンセリングに基づいた料金を明確にご提示させていただきます。

上部構造(歯の部分)がプロセラの場合は、補綴費用は+50,000円
アバットメント(連結部位)がジルコニアの場合は+50,000円

※当クリニックの補綴は、最新のスクリュー固定式が第一選択となります。

オペ費用 補綴費用 治療費合計
リプレイスCCリプレイスCC 250,000円 100,000円 350,000円
リプレイスCCパラレルCC 300,000円 100,000円 400,000円
Speedy GroovySpeedy Groovy 300,000円 100,000円 400,000円
ACTIVEACTIVE 300,000円 100,000円 400,000円

※All-on-4Clinicにおける治療費ではありません。
※価格は全て税抜です。別途消費税がかかります。
※補綴物は単色ジルコニアとなります。
※単色ジルコニア以外の場合は、お問い合わせ下さい。
※ガイドオペは別途治療費がかかります。詳しくは担当医にご相談下さい。
※スクリュー固定式による補綴以外は、お問い合わせ下さい。

オーキッド歯科が大切にしているインフォームドコンセント(説明責任)

インフォームドコンセント「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」という言葉を ご存知でしょうか?
「治療の内容がよくわからない」「先生に聞いて良いものかわからない」 そんな経験はありませんか?

インフォームドコンセントとは「説明と同意」という意味であり、当院では、インプラント治療前のCT撮影の結果をもとに、実際の治療の内容、治療期間、費用などについて、担当医から具体的な説明をさせて頂きます。

ご納得いくまでご相談いただいた上で、患者さまご自身で治療をご検討いただき、数あるインプラントの中から納得いただいた治療を選択いただきます。
その後、治療計画に基づき、治療開始となります。

症例紹介

技術力に絶対の自信。1000の言葉を並べるよりも、美しい症例ご覧頂くことで、ODCのインプラント治療のクオリティの高さをお伝えします。ODCは実際に行った多くの症例を掲載することで、患者さまに安心をお届けします。本サイトに掲載されている全ての症例は、単純なインプラント手術ではなく、高い治療技術を必要とする治療例のみ載せております。これらの症例はODCのインプラント治療のほんの一部です。

CASE1


Before


After

にインプラント治療。大きく骨を失っておりオープンフラップにてインプラント埋入及びGBRを行う。
その後、CTGを行い歯冠乳頭の再生及びスキャロップ(歯肉のライン)を揃える。
GBRオペ(骨造成手術)/Nobel Active使用/CTG(結合組織移植術)

CASE2


Before


After

にインプラント治療。歯根破折により保存不可能と判断。抜歯すると唇側の骨が吸収しており、ガイドオペ(Nobel Guide) でインプラントを埋入後、エンベローブフラップにてGBRを行う。
同時にあらかじめ用意しておいたジルニアカスタムアバットメントを装着し仮歯まで入れる。3ヶ月後CTGを行う。本症例は、非常にデリケートな歯肉に対する最良の方法を行ったケースのひとつである。
GBRオペ(骨造成手術)/Nobel Active使用[ノーベルガイド]/CTG(結合組織移植術)

CASE3


Before


After

にインプラント治療。上顎洞サイナスリフトオペと同時にインプラント埋入。
Nobel Active使用/上顎洞サイナスリフトオペ

CASE4


Before


After

にインプラント治療。全顎的な歯周病治療を終え、については抜歯後長期経過しており、その後、歯周組織の再生治療及び前歯部にCTGを行い、ノーベルプロセラにて補綴治療を行う。
本症例は歯周病治療とインプラント治療を確実に行い、審美性を回復した症例のひとつである。
GBRオペ(骨造成手術)/NobelReplace Tapered Groovy使用/CTG(結合組織移植術)/
エムドゲイン(歯周組織再生誘導材料使用)

CASE5


Before


After

にインプラント治療。
も当院にて施術。根尖病巣が非常に大きく、 唇側の骨をほとんど失っていた為にGBR併用でインプラントを埋入。その後GBRオペを行う。
本症例は骨造成後に、歯肉の高さを確実に揃え高い審美性を獲得した症例のひとつである。
GBRオペ(骨造成手術)/NobelReplace Tapered Groovy使用/CTG(結合組織移植術)

CASE6


Before


After

下顎にAll-on-4治療を行う。上顎はクラウンレングスニング(歯肉のラインを上に挙げるオペ)を行いノーベルプロセラにて補綴。本症例は、歯周病治療、咬合治療、インプラント治療を確実に行い高い審美性を獲得した症例のひとつである。
2009年から5年経過しおりますが、上下顎共に高い機能性及び審美性を保っております。
下顎:Nobel Speedy Groovy 使用/上顎:クラウンレングスニング

インプラント関連ページ

インプラント

オールオンフォー

ガイデッドサージェリー

難しいケース

即時荷重

ページのトップへ