「外科主導から補綴主導へ。究極のインプラント手術」― 無歯顎のための究極のオーラル・リハビリテーション ―

体に負担の少ないガイデッドサージェリー

ノーベルクリニシャン

インプラントにおける世界的なリーディングカンパニー「ノーベルバイオケア社」が開発した、インプラント治療専用のシミュレーション解析ソフト。3D画像を見ながらインプラントを埋入する位置を決定でき、精度の高いオペが実現します。また、歯ぐきを切開せずに済むため痛みや腫れが少なく済み、手術時間も短縮できます。

NobelGuide™によるフラップレス(無切開)手術

Nobel Clinician?ソフトウェアを使い、患者様のCTスキャンデータを基に作成された「サージカルテンプレート」を用い手術をする事により、事前に決められた位置、深さにインプラントを入れる事が出来ます。一般に歯肉を切開し、骨の状態を見ながら手術をするのではなく、「切らない」で手術を終える事が出来ます。

切らないので、手術時間を短縮でき、腫れや、痛みを抑える事が出来ます。当然、抜糸の必要もなく歯肉の治癒期間も短くなるので患者様の体への負担を大きく抑える事が出来ます。

フラップレス(無切開)手術

様々なサージカルステント

ガイデッドサージェリーの症例

どこがインプラントかわかりますか?

<左側>

<正面>

<右側>

A 「前歯部」がインプラントです。

術前

前歯部のインプラント治療は非常に高い技術を必要とします。ODCでは前歯部のインプラント治療の多くはガイドオペという特別な方法で行います。

シミュレーション

インプラントを入れる位置を予めプランニングソフトで決めます。

美しい歯(最終補綴物)を入れる為に最適なインプラントポジション(インプラントの位置・角度・深さ)を三次元的に決定していきます。

ガイドオペ

シミュレーションソフトを元に作製された、サージカルテンプレートを用いて手術を行う為、理想の位置にインプラントを入れることが可能です。

インプラント治療においてインプラントを入れる位置は最も重要です。 基本的にガイドオペは歯ぐきを開かない無切開手術で行いますので、痛みや腫れを抑えることも可能です。

オペ当日にアバットメントと仮歯を装着

ガイドオペの特徴としてオペ時にあらかじめ用意いておいた最終的なアバットメント(連結部位)を装着し、仮歯まで入れる事が出来ます。これにより短時間で審美性を回復する事が可能です。本症例はジルコニアカスタムアバットメントを使用しています。

術後のCT

コンピューターであらかじめプランニングした位置にインプラントが埋入されています。本症例はNobel Activeを使用しています。

パノラマX線写真

ガイドオペとノーベルアクティブを使用することによって、手術から3カ月以内の最終補綴を行った症例です。

審美インプラントを成功させるガイデッドサージェリー

従来のインプラント治療では、CT等で術前に診査・診断を行うものの、歯肉を切開し、骨の状態を見ながら手術を行いますので、術者の経験や治療技術に大きく頼っていました。

ガイデッドサージェリーによる手術では、最終補綴から導かれた理想的なインプラントポジション(インプラントを入れる深さ、角度、位置)にインプラントを入れる事ができるので、美しいインプラント治療を行う事ができます。

ノーベルガイド上での治療計画1

治療計画2

多くの手術の経験を積んだドクターでも、数mmのインプラントポジションのずれが起きる可能性は十分にありえます。このインプラントポジションのずれが、インプラント治療においてトラブルになることは少なくはありません。全顎的な治療や、前歯部等の「審美領域」でのインプラント治療であればなおさらです。

インプラントのやり直し治療は、患者様にとっても術者にとっても大変な事です。

インプラント手術の治療経験を多く積んだドクターが、さらにガイデッドサージェリーの経験を多く重ね、症例によってガイデッドサージェリーを上手に選択することが出来るならば、最善の治療結果を生み出せることは間違いないと考えております。

ガイデッドサージェリーの流れ

補綴主導のインプラント治療(ガイデッドサージェリー)

ページのトップへ

インプラント関連ページ

インプラント

オールオンフォー

ガイデッドサージェリー

難しいケース

即時荷重

ページのトップへ