オーキッドJOYデンタルクリニック

Oral Surgery
口腔外科

親知らずの診断、抜歯

親知らずで痛みや腫れを抱えている方へ

CTレントゲン写真

親知らずの抜歯をおすすめするケース

下記のような場合には、抜歯をすることをお勧めしています。

  1. 虫歯が神経まで到達している場合
  2. 何度も腫れや痛みを繰り返して、その間隔が短くなってきている場合
  3. 親知らずが原因で歯並びが乱れている場合で、歯並びの保全を優先したい場合

歯科用CTで正確に診断

CTレントゲン写真

歯科用CT完備

当院では、歯科用CTを用いることで、口腔内の様子を正確に診断することに努めています。
精密な検査を行うことで、できる限り痛みの少ない治療を行うことができます。

親知らずが横に生えたり、磨きにくい状態である場合

横は生えた親知らず

そのまま放っておくと虫歯の原因に

このように横に生えていると、7番目の歯と親知らずの隙間に細菌が溜まり、虫歯になったり、周囲の歯肉が腫れたりする原因となります。

術前後のレントゲン写真
術 前 術 後
症例1術前 症例1術後

顎関節症

症状の分類

顎関節症は、その症状によっていくつかに分類され、それぞれ治療法が異なります。

咀嚼筋痛障害(Ⅰ型)

主に咀嚼筋(かむときに使う筋肉)に痛みが生じます。また、口をあける筋肉の、あごの後ろにある「顎二腹筋」や、首のまわりの筋肉が痛むこともあります。

顎関節痛障害(Ⅱ型)

顎関節周辺に大きな負荷がかかって、炎症が生じ、痛みが出てきた状態です。

顎関節円板障害(Ⅲ型)

a.復位性
b.非復位性

口を開閉すると「コキコキ」と音がしたり、口を開けにくくなったりします。

変形性顎関節症(Ⅳ型)

下顎の骨の上部が削り取られたり、出っ張ったりし(下顎頭の変形)、口を開閉すると 「ギリギリ」と音 がしたり、 炎症による痛み が生じたりします。

Web問い合わせ 電話問い合わせ PAGE
TOP